■プロフィール

hisato

Author:hisato
現在マーシャルフェレットの愛息子(’08年6月1日生)と暮らしております。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■リンク
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■最近のトラックバック
■RSSフィード
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
虹の橋から。
先日、ロンを放牧してた時のこと。

私はリビングの真ん中でロンにオヤツをあげてました。

同居人がドアを開けて入って来て、 「んー?ロン、どこいくとー?」 と呟いた。

は?(゜д゜)???

ドアの場所から見れば、部屋の中央に居る私は背中を向けてるし、もちろんロンは私に隠れて見えないはずだが。

振り返ると同居人は隣の部屋に向かってしゃべってる。

「なん言いよると?」
「・・・あれ!?ロン、そこに居たん?」
「ずっとここに居るけど」
「え~?だってさっき、こっちの部屋に入って行ったよ?スタタ――って。ロンだと思ったのに」

私は思わず、とゆーか何の迷いもなく、

「ウイたんかシャンが遊びに来たんだよ」
と答えてました。

同居人も、「そっかそっか、白っぽかったからシャンかなー」
となんだか嬉しそうでした。

不思議に思ってもよさそうなトコロですが、何故か二人とも納得(笑)。

ロンにも 「お姉ちゃんが遊びに来たよー♪」と教えてみたりして。
ロン坊の方がよっぽど きょとん?とした顔してましたけどね(笑)。

私には姿は見えなかったけど、ここに居るのかな~って思うだけで凄く嬉しくて。

通り過ぎただけかも知れないけど、それだけで充分で。

亡くなってから数日後、眠る姿で枕元に現れた、あの不思議な夜を思い出しました。

病気を治してあげれなかった私に、シャンがもう一度、ほら、元気になったよって、
教えに来てくれたのかなぁ、と。

未だに心配させちゃってるんでしょうかね~(^^;)情けない飼い主だから。

でもいつでも大歓迎だよ♪(≧∀≦)いや、しっかりしろよ(笑)


今度はウイたんも一緒に遊びにおいでね~!(^∀^)
  20070711003733.jpg



ウイたん・シャンたん | 02:07:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。